2006年12月29日

Focusの新譜

もう一月ぐらい前の話であるが、近頃iTSのカタログも充実してきてこのブログで以前紹介したバンドの作品もだいぶ追加になっている。もう一度そういう感じで紹介しようかなと思って、とくに充実振りがめざましいFocusのページを見ていたら、何と!「Focus9/New Skin」という新譜が出てるではありませんか。ひっそりと話題にもならずに。9月リリースだったそうで。
Focus 8
のときはちょっと試聴したけどちょっと買う気にはなれなかったんだが、今回はじっくり試聴するとかなり良さ気なのでアルバムごとポチッとしてしまいました。
ヤン・アッカーマンのいないFocusなのであるが、タイスのフルートも、そりゃ全盛期のようなヨーデルはないがスキャットも満載でこれは昔のイメージがある人でも十分楽しめるのでは?新しいギタリストはヤンのような鬼気迫る(しかし完璧にはほど遠い)プレイではないが安定していて心地よい。だが、そこがちょっと物足りないということも否めないんだよね。大人のバンドになっちゃった感じで。それから、「名曲」と呼べる曲は残念ながらない。みんなそこそこな感じがする。しかしこれはサディスティック ミカ バンド Narkissosを聴いたときにも思った物足りなさなんで、今更この頃の人たちに熱さを期待しても無理なんだろうなぁ。
このアルバムにはタイトル曲の「Focus 9」とともに、「Focus 7」って曲が入っている。1個飛ばしちゃったのかな?そういえばMother Focusに入っていた「Focus IV」の次はもう「Focus 8」だったんだよね。ということはそのうち5と6も出るんでしょうか。
またこのアルバムには「Sylvia's Stepson」って曲も入っていて笑えた。シルビアさん、何者なんでしょう?

ところでいつものようにCDリンクを作ろうと思ったらどこのECサイトにもこのアルバム置いてないのね。どうりで見ないわけですわ。というわけで、今回はHMVのページに直リンクです。


さて、今年のエントリーはこれにて終了!皆さんよいお年を!
posted by Mark@m7 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ユーロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

FOCUS 3

このエントリーは、iTunes Music StoreをUKに切り替えてからお読み下さい。
itmsuk.jpg
FOCUSといえばヨーデル風のレイヨロレイヨロが印象的な悪魔の呪文(Hocus Pocus)で有名なオランダのバンドで、日本にもファンが大勢いると思うのですが何故か日本のiTMSには見当たらず。で、米国のiTMSに行っても最新作(?)のFocus8しかない、ということで仕方なくUKへ。さすがヨーロッパ、7枚のアルバムが登録されてました。
初期のベスト版的なLive At the Rainbowもプログレファンはみんな聴いていたというぐらい有名ですが、僕はNHK-FMの「リクエストコーナー」から流れてきたSylviaに衝撃を受けて、そのオリジナルが入っているFOCUS3を聴いたわけです。
このバンドはプログレというか、クロスオーヴァーのハシリのようなインストバンドで、ヤン・アッカーマンのロックとジャズを融合させたようなギタープレイはまさに後のクロスオーヴァー→フュージョンなのですが、キーボードのタイス・ヴァン・レアーが演奏するフルートに代表されるクラシックの香り、そしてバンド名を冠したFocus IIとかFocus IIIといった曲の持つ叙情性がやはりフュージョンとは異なる部分だと思います。
ただいわゆるプログレ、といったバンドの中では唯一無二の個性を持ったバンドであることは確かだと思います。
で、このFOCUS 3を選んだ理由は、前出のSylviaもそうなのですが、何と言っても大作Anonymus Twoがあるからです。オリジナルのLP盤(昔は白いジャケットにFOCUS3と書いてあっただけの記憶があるんだけどな〜)では2枚組のC面からD面にかけた26分を越える大作でありながら、他のプログレバンドの大作にありがちな組曲形式ではなく、テーマ→フルートソロ→キーボードソロ→ベースソロ→ギターソロ→ドラムソロ→テーマと流れるジャズ/フュージョン的な構成をとっているというところが、FOCUSの最大の特徴を最も表している曲だと思うからです。様式美を重んじるプログレファンからは「冗長」と批判されるこの延々と続くアドリブ合戦こそ、僕はFOCUSの特徴なのだと思っています。Anwers? Questions! Questions? Anwers!にしてもEruptionにしてもHocus Pocusにしても、彼らの長めの曲はアドリブの積み重ねであることが多いのです。
早すぎたフュージョン・プログレ・バンドFOCUSはしかし、日本での評価の高さを考えれば早くiTMS Japanに追加してもらいたいものです。
posted by Mark@m7 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(3) | ユーロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。