2006年12月29日

Focusの新譜

もう一月ぐらい前の話であるが、近頃iTSのカタログも充実してきてこのブログで以前紹介したバンドの作品もだいぶ追加になっている。もう一度そういう感じで紹介しようかなと思って、とくに充実振りがめざましいFocusのページを見ていたら、何と!「Focus9/New Skin」という新譜が出てるではありませんか。ひっそりと話題にもならずに。9月リリースだったそうで。
Focus 8
のときはちょっと試聴したけどちょっと買う気にはなれなかったんだが、今回はじっくり試聴するとかなり良さ気なのでアルバムごとポチッとしてしまいました。
ヤン・アッカーマンのいないFocusなのであるが、タイスのフルートも、そりゃ全盛期のようなヨーデルはないがスキャットも満載でこれは昔のイメージがある人でも十分楽しめるのでは?新しいギタリストはヤンのような鬼気迫る(しかし完璧にはほど遠い)プレイではないが安定していて心地よい。だが、そこがちょっと物足りないということも否めないんだよね。大人のバンドになっちゃった感じで。それから、「名曲」と呼べる曲は残念ながらない。みんなそこそこな感じがする。しかしこれはサディスティック ミカ バンド Narkissosを聴いたときにも思った物足りなさなんで、今更この頃の人たちに熱さを期待しても無理なんだろうなぁ。
このアルバムにはタイトル曲の「Focus 9」とともに、「Focus 7」って曲が入っている。1個飛ばしちゃったのかな?そういえばMother Focusに入っていた「Focus IV」の次はもう「Focus 8」だったんだよね。ということはそのうち5と6も出るんでしょうか。
またこのアルバムには「Sylvia's Stepson」って曲も入っていて笑えた。シルビアさん、何者なんでしょう?

ところでいつものようにCDリンクを作ろうと思ったらどこのECサイトにもこのアルバム置いてないのね。どうりで見ないわけですわ。というわけで、今回はHMVのページに直リンクです。


さて、今年のエントリーはこれにて終了!皆さんよいお年を!
【関連する記事】
posted by Mark@m7 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ユーロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

《紙ジャケ》ヤン・アッカーマン《Papersleeve》
Excerpt: 2007/2/21予定 ヤン・アッカーマン(Jan Akkerman) ■流浪の神殿(紙ジャケット仕様) ■エリ(紙ジャケット仕様) ■寛ぎの時(紙ジャケット仕様) ヤン・ア..
Weblog: Cottonwoodhill 別別館
Tracked: 2007-01-17 21:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。