2006年11月20日

ASIA来日決定記念

エイジア、オリジナル・メンバーでの来日公演が決定
というわけで、以前のエントリーではなんじゃそりゃ?、と言っていたASIAだが、やっぱり今となってはこのメンツが来日するのは貴重だということで、取り上げておこうと思う。
ジョン・ウェットン(キングクリムゾン)、ジェフリー・ダウンズ(バグルス→イエス)、スティーブ・ハウ(イエス)、カール・パーマー(ELP)によって81年に結成されたスーパーバンドだったが、UKのようなサウンドを期待していた僕としては、当時ずいぶんがっかりさせられたものだ。なんじゃこりゃ?AORか?
特に気に入らなかったのが、当時崇拝していたスティーブ・ハウが、普通のロックギターを弾くととてもショボく聴こえる、ということだった。事実、ASIAからハウを知った人達は口を揃えて「ハウは下手だ」と言っていた。つまりハマってなかったのだ。ハウの魅力はチェットアトキンス奏法やジャズのモードスケールを駆使して狂ったように弾きまくるあの独特のスタイルで、ソロもバッキングも区別がつかないぐらいに弾きまくっていたイエス全盛期を知っている身としてはとても聴くに耐えないものだった。
とはいえ、結局聴いていたのではあるが(^^;)。ASIAはiTunes Storeにかなり充実したラインナップが揃っているが、オリジナルメンバーということなので曲としてはこのへんを聴いておけば予習になるのでは?

結局、行くんだろうなぁ〜
posted by Mark@m7 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ブリティッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。