2006年06月25日

Paradise Theater

最近はアメリカのStoreへのリンクをたたくとiTunesの方で自動的にストアを切り替えてくれるようなので、「米国に切り替えて」というアラートはやめようと思いますが、このエントリーは米国のストアへのリンクと日本へのリンクがごっちゃになっております。

さて、Styxといえば70年代後半〜80年代アメリカン・ヒットチャートの常連で、ただのポップ・ロック・バンドだと思っている人も多いとは思うが、実は初期はプログレをやっていた。クラシックの曲をやったり、組曲形式ありと。もちろんサウンドはアメリカ的なのだが。

Tommy Shawが加入した前後からいわゆる「シングル・ヒットが狙える」音づくりに変わっていき、ついにシングルBabeで全米No.1に輝くと、続くStyxの最高傑作、このParadise Theaterで全米アルバムNo.1を獲得した。このへんからStyxを知った、という人も多いだろう。かくいう私もその一人。
ところがこのアルバム、1曲1曲は非常にポップながら、80年当時にはもはや珍しくなっていたコンセプト・アルバムで、主題がアルバムのあちこちにちりばめられているという実にプログレ的なアルバムなのだ。非常によくできている。The Best of TimesToo Much Time on My Handsといったシングル・ヒットだけではなく全体を通して聴いてはじめてこのアルバムの素晴らしさがわかると思う。このアルバムの作りは、彼らがプログレからスタートした、ということを知ると非常に納得出来るものなのだ。

しかし!米国のiTMSにはStyxのアルバムが24枚も登録されているのに何故かこのアルバムがない!といういつものパターンに我慢出来ず、iMixを作ってしまった。全11曲中6曲しか集まらなかったが、もしよかったらご利用下さい。しかし、これではこのアルバムの魅力は半減である。こうやってCDを売ろうって魂胆か?日米問わず、レコード会社ってのはホント、強欲だね。
【Rock/Pops:ス】スティクスStyx / Paradise Theater (CD) (Aポイント付)
【関連する記事】
posted by Mark@m7 at 05:19| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Edita.jpから編集員登録のご連絡
Excerpt: プログレ!のMark@m7です。Mark@m7様の素晴しい記事を是非引用させて下さい。 NGの場合はお手数ですがhttp://www.edita.jp/admin/suggest_answer.php..
Weblog: Mark@m7
Tracked: 2006-06-29 01:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。