2006年03月26日

FOCUS 3

このエントリーは、iTunes Music StoreをUKに切り替えてからお読み下さい。
itmsuk.jpg
FOCUSといえばヨーデル風のレイヨロレイヨロが印象的な悪魔の呪文(Hocus Pocus)で有名なオランダのバンドで、日本にもファンが大勢いると思うのですが何故か日本のiTMSには見当たらず。で、米国のiTMSに行っても最新作(?)のFocus8しかない、ということで仕方なくUKへ。さすがヨーロッパ、7枚のアルバムが登録されてました。
初期のベスト版的なLive At the Rainbowもプログレファンはみんな聴いていたというぐらい有名ですが、僕はNHK-FMの「リクエストコーナー」から流れてきたSylviaに衝撃を受けて、そのオリジナルが入っているFOCUS3を聴いたわけです。
このバンドはプログレというか、クロスオーヴァーのハシリのようなインストバンドで、ヤン・アッカーマンのロックとジャズを融合させたようなギタープレイはまさに後のクロスオーヴァー→フュージョンなのですが、キーボードのタイス・ヴァン・レアーが演奏するフルートに代表されるクラシックの香り、そしてバンド名を冠したFocus IIとかFocus IIIといった曲の持つ叙情性がやはりフュージョンとは異なる部分だと思います。
ただいわゆるプログレ、といったバンドの中では唯一無二の個性を持ったバンドであることは確かだと思います。
で、このFOCUS 3を選んだ理由は、前出のSylviaもそうなのですが、何と言っても大作Anonymus Twoがあるからです。オリジナルのLP盤(昔は白いジャケットにFOCUS3と書いてあっただけの記憶があるんだけどな〜)では2枚組のC面からD面にかけた26分を越える大作でありながら、他のプログレバンドの大作にありがちな組曲形式ではなく、テーマ→フルートソロ→キーボードソロ→ベースソロ→ギターソロ→ドラムソロ→テーマと流れるジャズ/フュージョン的な構成をとっているというところが、FOCUSの最大の特徴を最も表している曲だと思うからです。様式美を重んじるプログレファンからは「冗長」と批判されるこの延々と続くアドリブ合戦こそ、僕はFOCUSの特徴なのだと思っています。Anwers? Questions! Questions? Anwers!にしてもEruptionにしてもHocus Pocusにしても、彼らの長めの曲はアドリブの積み重ねであることが多いのです。
早すぎたフュージョン・プログレ・バンドFOCUSはしかし、日本での評価の高さを考えれば早くiTMS Japanに追加してもらいたいものです。
【関連する記事】
posted by Mark@m7 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(3) | ユーロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15483290

この記事へのトラックバック

Ballads
Excerpt: 昔、LPで聞いていた時は「マイ・フェバリット・シングス」なんかも入っていたような気がするが…(その点は残念)。改めて聞くと、昔あれだけ何度も聞いていたのに新しい発見がある。大量生産の安物商品のCMソン..
Weblog: ジャズ・フュージョンの1日
Tracked: 2008-02-04 19:40

琥珀色の時間~THE COLLECTION OF SUNTORY W
Excerpt: 各曲ともまさに「サントリーウイスキー」って感じです。そう「サントリーウイスキー」だけです。リビングでウイスキーを飲みながらしみじみと・・・ではなくこんなCM曲だったなぁ と思い出すためのCDのように感..
Weblog: ジャズ・フュージョンの1日
Tracked: 2008-02-27 12:53

Kind of Blue
Excerpt:  ジョン・ゾーンやビル・ラズウェルから先祖帰りするという、変な道筋でジャズを聴き始めた私。なので、ハードバップまでのマイルスでは名盤といわれる演奏でさえも、正直古臭く感じつつ「古典」として頭でその価値..
Weblog: ジャズ・フュージョンの1日
Tracked: 2008-02-28 04:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。