2006年02月04日

Yessongs

このエントリーは、iTunes Music Storeを米国に切り替えてからお読み下さい。
itms.jpg
本当は「 こわれもの」を紹介したかった。ところがパーシャルアルバムになっていて2曲しか収録されていない。ベスト等から全曲集められるか調べたがそれもできない。
こわれもの」は僕が初めて買ったプログレのアルバムだ。当時僕は中学生で、学校の帰りにレコードを買おうとお金を持って来ていた。本当はピンク・フロイドの「狂気」を買おうと思っていてそんな話をしていた。ところがそれを聞いていたクラスメイトが町に一件しかないレコード屋さんに先回りして「狂気」を買ってしまったのだ。
完全に「買うぞ」モードに入っていた僕は、他に買いたい物はないか一生懸命探した。で、選んだのが「こわれもの」だったのだ。何故これを買ったかというと、「Roundabout」が入っていたからだ。渋谷陽一がDJをやっていたラジオでこの曲のライブバージョンを聴いてかなり気に入っていたのだ。そう、ようやくつながったが、そのバージョンこそが「Yessongs」のバージョンだったのだ。
世紀の大傑作アルバム「危機」発表後にビル・ブラッフォード(Dr.)がクリムゾン加入の為に抜けてしまい、急遽アラン・ホワイトを加えて行ったツアーの模様が収録されているが、3枚組という大げささといい、もちろん収録されたパフォーマンスの素晴らしさといい、間違いなくロック史に輝く名盤である。選曲面では全盛期のベストアルバム的な位置付けもあるが、オリジナルでも聴けない「ヘンリ−8世と6人の妻から抜粋」の名演は、 リック・ウェイクマンキース・エマーソンと並ぶキーボード・ヒーローとして決定づけた。

Yesのジャケットワークといえばロジャー・ディーンであるが、「こわれもの」で割れた地球が「危機」を経てどうなったか、がこの「Yessongs」に描かれている。オリジナルは3枚組の30cmLPということで内ジャケットの面積も広く、まさにロジャー・ディーンの世界を堪能出来る一枚でもあった。
posted by Mark@m7 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(1) | ブリティッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12742526

この記事へのトラックバック


Excerpt: プログレプログレ(Progr?s)#プログレッシブ・ロックの略トヨタ・プログレ - かつてトヨタ自動車が製造・販売していたセダン型自動車.wikilis{font-size:10px;color:#6..
Weblog: 自動車-情報局
Tracked: 2007-10-06 22:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。