2007年06月09日

MIT Revolutions CD ONE

ついに自分のアルバムを載せてしまった。Euro-Rock Press Vol.33にレビューが載った記念ということで大目に見て欲しい。

以下引用。
---------------------------------------------------
MIT SPECIAL BAND "REVOLUTIONS"/MIT Revolutions CD One
TVの音楽番組からプログレ
 BS日テレで放送されている音楽番組がきっかけになって結成されたバンドということで、ギターは番組のMC、ちょっと苦しいヴォーカルは番組のアシスタントが担当。さらにinterpose+の佐藤カツ(ドラムス)と渡邉のぶを(キーボード)、FANTASMAGORIAの藤本美樹が参加したちょっとしたスーパー・バンド。藤本のヴァイオリンがとにかく素晴らしい上に、サウンド的には多少ファンク色もあることから、いわばSURYAの再来ともいうべき。3曲目の"Earth"のヘヴィネスはMAGMAに通じる部分もあり、フレンチ・ジャズ・ロック・ファンならたまらないだろう。これはフルレンスを作って欲しい。 (宮坂)
---------------------------------------------------
なかなかの高評価である。以下はセルフ曲解説。

1.Revolution
基本はファンク系フュージョンだがヴァイオリンをフィーチャーし変拍子を取り入れることによってプログレっぽさを演出してみた。

2.Payapaya
4ビートのジャズっぽい小品。ちょっとフレンチっぽいオシャレなポップ感を目指してみた。

3.earth
これがアルバムの目玉、10分半に及ぶ組曲である。このプロジェクトの発端となった曲で、佐藤 カツ氏曰く「プログレのデパート」。5拍子で始まり、叙情的なボーカルパートへと流れていき、以下ファンク、スローパート、再び5拍子が出てきて最後にテーマが出現し終わるというめまぐるしくドラマティックな展開(自分で言うか?(^^;))。

4.君と僕TO僕と君
ストレートなロックンロール。どこもプログレではないが、ELPのタルカスのB面を意識してみた(^^;)。Are You Ready Eddyのような形でアルバムを締めくくっている。

というわけで4月に行われたレコ発ライブの模様をPVにして貼っつけておくので、参考にして欲しい。是非買って下さいm(_ _)m

earth PV

Revolution PV
posted by Mark@m7 at 23:07| Comment(45) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。