2007年04月29日

Yes in iTS Japan

最近iTS Japanにおけるプログレのカタログもだんだんと充実しつつあるが、いまだにオリジナルアルバムの登録がないYes。そんな中、検索していたら面白いアルバムを見つけた。それが「Revealing Songs of Yes」だ。

iTSではYes名義になっているが、どうやらトリビュート・アルバムらしい。リック・ウェイクマンと彼のツアーバンド(息子アダム・ウェイクマン中心のバンド)による演奏だそうだ。選曲が面白いので思わずポチッとしてしまった。
1. Revealing Science of God
2. Long Distance Runaround
3. America
4. Roundabout
5. Going for the One
6. Owner of a Linely Heart
7. And You and I
8. Wondrous Stories
9. Awaken

ウェイクマン自身がYesに見切りを付けた原因と言われる「海洋地形学の物語」から「神の啓示」を1曲目に持ってくるところが面白い。この曲は20分以上の大作なのだが、ここでは7:57とコンパクトな演奏となっている。これがウェイクマンなりの答えなのだろうか。そういえばiTS USAにもUKにも「海洋地形学の物語」見当たらない。僕は大好きなアルバムなんだけどな。
また、トニー・ケイが参加していた90125-Yes時代の「ロンリーハート」が取り上げられているのも面白い。その後の再結成Yesのライブで何度となく演奏しているので愛着が出たのか、はたまた売れセンを押さえたのか。後者のような気もするが。
全体にわりとオリジナルに忠実な演奏。変な解釈はあまりなく、音だけがいい、という感じ。ただ、「神の啓示」が非常にシンプルになっているのがちょっと不満なのと、「America」の歌メロが全く変わっているのは大いに不満。演奏はほぼ完コピなのにこの歌はないだろ!
やはりここまで忠実に演奏されるとボーカルがジョンでないのに非常に違和感を感じる。本人たちに旧曲を新録してもらいたいものである。
ま、しかしこんなアルバムを見つけてしまうところがiTSの楽しみでもありますね。

ちなみにYesのオリジナルアルバムはiTS USAで!
posted by Mark@m7 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ブリティッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。