2006年03月26日

FOCUS 3

このエントリーは、iTunes Music StoreをUKに切り替えてからお読み下さい。
itmsuk.jpg
FOCUSといえばヨーデル風のレイヨロレイヨロが印象的な悪魔の呪文(Hocus Pocus)で有名なオランダのバンドで、日本にもファンが大勢いると思うのですが何故か日本のiTMSには見当たらず。で、米国のiTMSに行っても最新作(?)のFocus8しかない、ということで仕方なくUKへ。さすがヨーロッパ、7枚のアルバムが登録されてました。
初期のベスト版的なLive At the Rainbowもプログレファンはみんな聴いていたというぐらい有名ですが、僕はNHK-FMの「リクエストコーナー」から流れてきたSylviaに衝撃を受けて、そのオリジナルが入っているFOCUS3を聴いたわけです。
このバンドはプログレというか、クロスオーヴァーのハシリのようなインストバンドで、ヤン・アッカーマンのロックとジャズを融合させたようなギタープレイはまさに後のクロスオーヴァー→フュージョンなのですが、キーボードのタイス・ヴァン・レアーが演奏するフルートに代表されるクラシックの香り、そしてバンド名を冠したFocus IIとかFocus IIIといった曲の持つ叙情性がやはりフュージョンとは異なる部分だと思います。
ただいわゆるプログレ、といったバンドの中では唯一無二の個性を持ったバンドであることは確かだと思います。
で、このFOCUS 3を選んだ理由は、前出のSylviaもそうなのですが、何と言っても大作Anonymus Twoがあるからです。オリジナルのLP盤(昔は白いジャケットにFOCUS3と書いてあっただけの記憶があるんだけどな〜)では2枚組のC面からD面にかけた26分を越える大作でありながら、他のプログレバンドの大作にありがちな組曲形式ではなく、テーマ→フルートソロ→キーボードソロ→ベースソロ→ギターソロ→ドラムソロ→テーマと流れるジャズ/フュージョン的な構成をとっているというところが、FOCUSの最大の特徴を最も表している曲だと思うからです。様式美を重んじるプログレファンからは「冗長」と批判されるこの延々と続くアドリブ合戦こそ、僕はFOCUSの特徴なのだと思っています。Anwers? Questions! Questions? Anwers!にしてもEruptionにしてもHocus Pocusにしても、彼らの長めの曲はアドリブの積み重ねであることが多いのです。
早すぎたフュージョン・プログレ・バンドFOCUSはしかし、日本での評価の高さを考えれば早くiTMS Japanに追加してもらいたいものです。
posted by Mark@m7 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(3) | ユーロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

Camel

Camelのラインナップは、日本のストアが一番充実している。リマスターものを含め9枚のアルバムが登録されている。米国ではEchoesというベストアルバムが一枚だけ。UKでも6枚しか登録されていない。
ところが、The Snow Gooseがあるのはいいのだが、Mirageがない!どこのストアにもない。僕にとってのCamelは、MirageであってLady Fantagyなのに〜。
というわけで、唯一Lady Fantagyが聴けるA Live Recordにリンクを。
それにしてもMirageお願いしますよ〜。Freefallも聴きたいし。

icon
icon
posted by Mark@m7 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(1) | ブリティッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

憂国の四士

このエントリーは、iTunes Music Storeを米国に切り替えてからお読み下さい。
itms.jpg
僕は、70年代キング・クリムゾンのリアルタイム体験をしていません。僕が彼らを知ったのはすでに解散後、後追いです。そして、リアルタイムではプログレは衰退の一途を辿っておりました。ELPが「作品第二番」、「ラブ・ビーチ」で終わってゆき、Yesが「トーマト」を出してがっかりさせ、もう古いものを聴くしかないのか、という状況でこのスーパーバンドU.K.のファースト・アルバム「憂国の四士」が発売されたわけ!これはもう、どれほど我々プログレ・ファンを興奮させたかは想像に難くないでしょ?

元々はクリムゾン再結成を目論んだジョン・ウェットンとビル・ブラッフォードであったが、フリップ卿に振られて挫折。その後何とリック・ウェイクマンを加えてキーボードトリオとして世に出ようとしたけど契約関係の問題でうまくいかず、結局若き天才エディ・ジョブソンが加入。そして後に超絶技巧ギタリスト、アラン・ホールズワースを加えて4人のメンバーでこのアルバムは制作されたわけです。
のっけから変拍子のIn the Dead of NightからBy the Light of Day、超絶技巧のPresto VivaceをはさんでRepriseへと続く組曲だけでももうナミダもの!これこそが待っていた音楽、Redの緊張感をそのまま持ち込んだような、何と言っても本人たちが「どうだ!これが俺たちのやりたい音楽だ!」と言わんばかりの気迫に満ちあふれた作品です。いわゆる「新作」のプログレで僕がすごいと思った最後の作品でもあります。その後は、Asia、なんじゃそりゃ?だったし、ディシプリンにもイマイチ入れなかったし、あ、EL&Powellだけはよかったけど、あれはもう85年だもんね。
posted by Mark@m7 at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ブリティッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。