2007年06月09日

MIT Revolutions CD ONE

ついに自分のアルバムを載せてしまった。Euro-Rock Press Vol.33にレビューが載った記念ということで大目に見て欲しい。

以下引用。
---------------------------------------------------
MIT SPECIAL BAND "REVOLUTIONS"/MIT Revolutions CD One
TVの音楽番組からプログレ
 BS日テレで放送されている音楽番組がきっかけになって結成されたバンドということで、ギターは番組のMC、ちょっと苦しいヴォーカルは番組のアシスタントが担当。さらにinterpose+の佐藤カツ(ドラムス)と渡邉のぶを(キーボード)、FANTASMAGORIAの藤本美樹が参加したちょっとしたスーパー・バンド。藤本のヴァイオリンがとにかく素晴らしい上に、サウンド的には多少ファンク色もあることから、いわばSURYAの再来ともいうべき。3曲目の"Earth"のヘヴィネスはMAGMAに通じる部分もあり、フレンチ・ジャズ・ロック・ファンならたまらないだろう。これはフルレンスを作って欲しい。 (宮坂)
---------------------------------------------------
なかなかの高評価である。以下はセルフ曲解説。

1.Revolution
基本はファンク系フュージョンだがヴァイオリンをフィーチャーし変拍子を取り入れることによってプログレっぽさを演出してみた。

2.Payapaya
4ビートのジャズっぽい小品。ちょっとフレンチっぽいオシャレなポップ感を目指してみた。

3.earth
これがアルバムの目玉、10分半に及ぶ組曲である。このプロジェクトの発端となった曲で、佐藤 カツ氏曰く「プログレのデパート」。5拍子で始まり、叙情的なボーカルパートへと流れていき、以下ファンク、スローパート、再び5拍子が出てきて最後にテーマが出現し終わるというめまぐるしくドラマティックな展開(自分で言うか?(^^;))。

4.君と僕TO僕と君
ストレートなロックンロール。どこもプログレではないが、ELPのタルカスのB面を意識してみた(^^;)。Are You Ready Eddyのような形でアルバムを締めくくっている。

というわけで4月に行われたレコ発ライブの模様をPVにして貼っつけておくので、参考にして欲しい。是非買って下さいm(_ _)m

earth PV

Revolution PV
posted by Mark@m7 at 23:07| Comment(45) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

Yes in iTS Japan

最近iTS Japanにおけるプログレのカタログもだんだんと充実しつつあるが、いまだにオリジナルアルバムの登録がないYes。そんな中、検索していたら面白いアルバムを見つけた。それが「Revealing Songs of Yes」だ。

iTSではYes名義になっているが、どうやらトリビュート・アルバムらしい。リック・ウェイクマンと彼のツアーバンド(息子アダム・ウェイクマン中心のバンド)による演奏だそうだ。選曲が面白いので思わずポチッとしてしまった。
1. Revealing Science of God
2. Long Distance Runaround
3. America
4. Roundabout
5. Going for the One
6. Owner of a Linely Heart
7. And You and I
8. Wondrous Stories
9. Awaken

ウェイクマン自身がYesに見切りを付けた原因と言われる「海洋地形学の物語」から「神の啓示」を1曲目に持ってくるところが面白い。この曲は20分以上の大作なのだが、ここでは7:57とコンパクトな演奏となっている。これがウェイクマンなりの答えなのだろうか。そういえばiTS USAにもUKにも「海洋地形学の物語」見当たらない。僕は大好きなアルバムなんだけどな。
また、トニー・ケイが参加していた90125-Yes時代の「ロンリーハート」が取り上げられているのも面白い。その後の再結成Yesのライブで何度となく演奏しているので愛着が出たのか、はたまた売れセンを押さえたのか。後者のような気もするが。
全体にわりとオリジナルに忠実な演奏。変な解釈はあまりなく、音だけがいい、という感じ。ただ、「神の啓示」が非常にシンプルになっているのがちょっと不満なのと、「America」の歌メロが全く変わっているのは大いに不満。演奏はほぼ完コピなのにこの歌はないだろ!
やはりここまで忠実に演奏されるとボーカルがジョンでないのに非常に違和感を感じる。本人たちに旧曲を新録してもらいたいものである。
ま、しかしこんなアルバムを見つけてしまうところがiTSの楽しみでもありますね。

ちなみにYesのオリジナルアルバムはiTS USAで!
posted by Mark@m7 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ブリティッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

Roman-Sound Horizon

今年最初のエントリーは、ちょっと変わったアイテムだ。しかもiTunesでは買えないのでこのブログ的には邪道なのであるが、最近ハマってしまったSound HorizonのRomanを紹介する。

Sound HorizonはRevo氏が主宰する音楽ユニット。このユニットをプログレと言い切ってしまうのは語弊があるだろう。自らを「幻想楽団」と称し、同人音楽サークルから始まったことをみても、ゲーム音楽・アニメ音楽的な要素が強いと思われている。実際、僕はゲームタイアップのついたマキシシングル「少年は剣を…」で初めて彼らの音楽を知った。
しかしながらゲーム・アニメ音楽の作家にはプログレに精通する人も多く、プログレ・ビッグネーム達がサントラの世界で活躍するという現象と全く逆の関係も成り立つ。特にファンタジーRPG系のゲーム音楽はクラシックの要素も強い為、J-POPの作風とは一線を画すこととなる。統一された世界観、コンセプトで括られた楽曲群は、まさにプログレと同じ方法論で作られていると言っても過言ではない。

で、この「少年は剣を…」の1曲目、「終端の王と異世界の騎士」を聴いたとき、ははぁなるほどゲームだ、とも思ったが、3拍子を基調とし、ストリングスとフルートを前面に使い、転調を繰り返す複雑なAメロと新しいメロディが次々と出てくる展開に聴いていてゾクゾクした。何よりも、こんな曲がオリコンのTOP10に入っていたのだから、驚きだった。もうひとつ、この曲が早々にカラオケに入っていたのにも驚いた。

そして、昨年11月にアルバム5th Story CD「Roman」が出た。Sound Horizonのアルバムは「物語」を前面に出したStory CDと、楽曲集として楽しむPleasure CDとがあるそうだが、メジャーデビュー後はPleasure CDは出ていないようである。
さてアルバムを通して聴くと、プログレよりもむしろメタルの様式美の影響が感じられるが、1曲目の「朝と夜の物語」のキーボードソロなどはプログレファンにはこたえられないだろうし、「見えざる腕」のドラマチックな展開も素晴らしい。amazonのレビューをみると昔のファンからは賛否両論のようなので旧作の「Elysion」も聴いてみたが、自分としてはイマイチだった。「少年は剣を…」からGERARDのリズム隊が参加するようになったようで、よってプログレ色は「Roman」の方が強くなっている。これがこれからの方向性だとしたら、嬉しいことである。

何故このアルバムをここに取り上げたかというと、この作品がつい1ヶ月ちょっと前にリリースされたもので、しかも一定の商業的成果をあげている(オリコンチャート19位)という事実が今年の音楽界に明るい光を差し込んでいるように思えたからだ。ま、それよりも自分がハマってここんとこ毎日聴いているからだということが大きいが。とはいえ、大量消費音楽に早く皆が飽きて、アーティストが作家性をもっと押し出せる環境に2007年の音楽界がなっていけばいいなぁ、という祈りをこめつつ、明けましておめでとうございます。
posted by Mark@m7 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

Focusの新譜

もう一月ぐらい前の話であるが、近頃iTSのカタログも充実してきてこのブログで以前紹介したバンドの作品もだいぶ追加になっている。もう一度そういう感じで紹介しようかなと思って、とくに充実振りがめざましいFocusのページを見ていたら、何と!「Focus9/New Skin」という新譜が出てるではありませんか。ひっそりと話題にもならずに。9月リリースだったそうで。
Focus 8
のときはちょっと試聴したけどちょっと買う気にはなれなかったんだが、今回はじっくり試聴するとかなり良さ気なのでアルバムごとポチッとしてしまいました。
ヤン・アッカーマンのいないFocusなのであるが、タイスのフルートも、そりゃ全盛期のようなヨーデルはないがスキャットも満載でこれは昔のイメージがある人でも十分楽しめるのでは?新しいギタリストはヤンのような鬼気迫る(しかし完璧にはほど遠い)プレイではないが安定していて心地よい。だが、そこがちょっと物足りないということも否めないんだよね。大人のバンドになっちゃった感じで。それから、「名曲」と呼べる曲は残念ながらない。みんなそこそこな感じがする。しかしこれはサディスティック ミカ バンド Narkissosを聴いたときにも思った物足りなさなんで、今更この頃の人たちに熱さを期待しても無理なんだろうなぁ。
このアルバムにはタイトル曲の「Focus 9」とともに、「Focus 7」って曲が入っている。1個飛ばしちゃったのかな?そういえばMother Focusに入っていた「Focus IV」の次はもう「Focus 8」だったんだよね。ということはそのうち5と6も出るんでしょうか。
またこのアルバムには「Sylvia's Stepson」って曲も入っていて笑えた。シルビアさん、何者なんでしょう?

ところでいつものようにCDリンクを作ろうと思ったらどこのECサイトにもこのアルバム置いてないのね。どうりで見ないわけですわ。というわけで、今回はHMVのページに直リンクです。


さて、今年のエントリーはこれにて終了!皆さんよいお年を!
posted by Mark@m7 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ユーロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

ASIA来日決定記念

エイジア、オリジナル・メンバーでの来日公演が決定
というわけで、以前のエントリーではなんじゃそりゃ?、と言っていたASIAだが、やっぱり今となってはこのメンツが来日するのは貴重だということで、取り上げておこうと思う。
ジョン・ウェットン(キングクリムゾン)、ジェフリー・ダウンズ(バグルス→イエス)、スティーブ・ハウ(イエス)、カール・パーマー(ELP)によって81年に結成されたスーパーバンドだったが、UKのようなサウンドを期待していた僕としては、当時ずいぶんがっかりさせられたものだ。なんじゃこりゃ?AORか?
特に気に入らなかったのが、当時崇拝していたスティーブ・ハウが、普通のロックギターを弾くととてもショボく聴こえる、ということだった。事実、ASIAからハウを知った人達は口を揃えて「ハウは下手だ」と言っていた。つまりハマってなかったのだ。ハウの魅力はチェットアトキンス奏法やジャズのモードスケールを駆使して狂ったように弾きまくるあの独特のスタイルで、ソロもバッキングも区別がつかないぐらいに弾きまくっていたイエス全盛期を知っている身としてはとても聴くに耐えないものだった。
とはいえ、結局聴いていたのではあるが(^^;)。ASIAはiTunes Storeにかなり充実したラインナップが揃っているが、オリジナルメンバーということなので曲としてはこのへんを聴いておけば予習になるのでは?

結局、行くんだろうなぁ〜
posted by Mark@m7 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ブリティッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

サディスティック・ミカ・バンド

最近、木村カエラをボーカルに迎えたSadistic Mica Band Revisitedで再び(いや三度)注目が集まっているサディスティック・ミカ・バンドであるが、プログレバンドというわけではない。しかしながら、名曲タイムマシンにお願いの入ったアルバム「黒船」は実にプログレ的なコンセプトアルバムである。
プロデューサーは、ピンク・フロイドなどを手がけたクリス・トーマス。ロンドン・ツアーではロキシー・ミュージックの前座を務めた、などと書くと、なんとなくプログレの香りも漂ってくるではないか。
しかし、プログレ的なのはこういう周辺の状況ではなくて内容である。まず分かり易いのは「黒船 嘉永六年六月二日黒船 嘉永六年六月三日黒船 嘉永六年六月四日」と続く組曲だ。しかも変拍子である。これを聴けば、高中正義のプレイスタイルがすでにこの頃完成していたのがわかるはずだ。そして、「よろしくどうぞどんたく」と続くジャポネスク。つまり「アジア民族音楽とロックとの融合」である。実にプログレッシブだ。
もちろん音楽的には他の要素もたっぷり入っている。名曲「塀までひとっとび」は絶品のファンク。個人的にはライブ・イン・ロンドンでの名演がより印象的だ。

このバンドはロンドン・ツアー後に加藤夫妻の離婚によってあっさりと解散してしまうのだが、その一因となったのが名プロデューサーのクリス・トーマスだったというのは何とも皮肉な話である。

 サディスティック・ミカ・バンド/黒船
posted by Mark@m7 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

Paradise Theater

最近はアメリカのStoreへのリンクをたたくとiTunesの方で自動的にストアを切り替えてくれるようなので、「米国に切り替えて」というアラートはやめようと思いますが、このエントリーは米国のストアへのリンクと日本へのリンクがごっちゃになっております。

さて、Styxといえば70年代後半〜80年代アメリカン・ヒットチャートの常連で、ただのポップ・ロック・バンドだと思っている人も多いとは思うが、実は初期はプログレをやっていた。クラシックの曲をやったり、組曲形式ありと。もちろんサウンドはアメリカ的なのだが。

Tommy Shawが加入した前後からいわゆる「シングル・ヒットが狙える」音づくりに変わっていき、ついにシングルBabeで全米No.1に輝くと、続くStyxの最高傑作、このParadise Theaterで全米アルバムNo.1を獲得した。このへんからStyxを知った、という人も多いだろう。かくいう私もその一人。
ところがこのアルバム、1曲1曲は非常にポップながら、80年当時にはもはや珍しくなっていたコンセプト・アルバムで、主題がアルバムのあちこちにちりばめられているという実にプログレ的なアルバムなのだ。非常によくできている。The Best of TimesToo Much Time on My Handsといったシングル・ヒットだけではなく全体を通して聴いてはじめてこのアルバムの素晴らしさがわかると思う。このアルバムの作りは、彼らがプログレからスタートした、ということを知ると非常に納得出来るものなのだ。

しかし!米国のiTMSにはStyxのアルバムが24枚も登録されているのに何故かこのアルバムがない!といういつものパターンに我慢出来ず、iMixを作ってしまった。全11曲中6曲しか集まらなかったが、もしよかったらご利用下さい。しかし、これではこのアルバムの魅力は半減である。こうやってCDを売ろうって魂胆か?日米問わず、レコード会社ってのはホント、強欲だね。
【Rock/Pops:ス】スティクスStyx / Paradise Theater (CD) (Aポイント付)
posted by Mark@m7 at 05:19| Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

PRISM / 1977 Live at Sugino Kodo

日本のプログレバンドと言えば、何と言っても四人囃子なのだが、これがiTMSに入っていない。その四人囃子だが、フロントマンである森園勝敏がセカンドアルバム収録後に突如脱退、新たに参加したのがこの「日本初のフュージョンバンド」PRISMである。1975年にすでに結成されていたというのが驚き。ジェフ・ベックの「WIRED」(クリックすると米国のストアに飛びます)が76年、ジェントル・ソウツが話題となり日本にクロスオーヴァー/フュージョンブームが来るのが77年のことだからずいぶん早い。
で、iTMSでPRISMをいろいろと探していたら、この音源にぶち当たった。それが、「1977 Live at Sugino Kodo」である。PRISMのデビューアルバム記念コンサートの模様なのであるが、2004年に発売されたいわゆる発掘モノのようだ。こんなのが出ていたのは知らなかった!
曲の中身はデビューアルバム「PRISM」から「SECOND THOUGHTS / SECOND MOVE」「PRISM III」という3枚のアルバムに収録されている曲とカバー曲からなる。面白いのは、78年発売の「SECOND THOUGHTS / SECOND MOVE」収録曲はすでにそれなりに完成しているものの、79年発売の「PRISM III」収録のナンバー「風神」は完全にプロトタイプだということだ。第一部のテーマがまだできていない。森園勝敏が抜けた後の「PRISM III」収録の「風神」は「Golden Best」で聴けるので、比べてみるといいだろう。
さて、何故プログレのブログにフュージョンバンドが出てくるかというと、この早すぎたフュージョンバンドは時期が早かっただけに既存のフュージョンのコピーにはならずに、プログレ→フュージョンへの移行の中で独自の解釈を加えた音となっているからだ。つまり、プログレっぽいのである。元々四人囃子時代に「ブエンディア」というフュージョンとしか言いようのない曲をレパートリーとしていた森園(この曲は岡井大二の曲だが)だったわけで、彼の中ではフュージョンはプログレの自然な進化形だったのかもしれない。「Daydream」なんてのはまさに四人囃子がやっててもおかしくないような森園節だが、何と言ってもプログレっぽいのは組曲形式の「Beneath the Sea」である。いきなり5拍子だし。前出の「風神」もこれと並ぶ大作だ。
まぁ、和田アキラの存在感が大きいバンドなので森園自体がどこまで発言力を持っていたかはよくわからないが、少なくともこういう指向のバンドだったからこそ四人囃子を抜けてまでオリジナルメンバーとして参加したのであろう。
posted by Mark@m7 at 06:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

伝承〜永遠の序曲

このエントリーは、iTunes Music Storeを米国に切り替えてからお読み下さい。
itms.jpg

アメリカのプログレは、プログレとは認めない、という人もいる。ずどーんとしたヨーロッパの暗さがどっかにないとプログレとは言えない、というのである。気持ちはわかる。だが私はこのカンサスというバンドに関しては、ヴァイオリンや変拍子の使い方といい、組曲形式の楽曲の構成・展開といい、プログレである!と言い切っていいと思う。いや、これをプログレと言わなかったら、新しいジャンルを作らなければならない。
確かにヒット曲「Dust In The Wind」や、「Point of Know Return」などの小品ばかり聴いていると、明るいボーカルとコーラスに引き摺られてただのアメリカン・ロックに聞こえるかもしれないが、ELPだって小品だけ聴いていればとてもプログレとは思えないのである。要は大作がプログレらしいか否か、なのではないだろうか?
で、僕のお勧めアルバムは「永遠の序曲」である。これはiTMSではパーシャルアルバムになっていて、何と1曲目の「伝承」がシングルとして別売りになっているというなんだその商売は!って感じなのだが、オリジナル版の全曲はそれで揃う。

もうすでにお気付きだとは思うが、アルバムタイトルといい曲名といい、いかにも!プログレ好きが好みそうな日本語になっているところがなんとも笑える。

1.伝承
2.壁
3.深層心理
4.奇跡
5.挿入曲
6.少年時代の謎
7.黙示録
8.超大作:aファーザー・パディラと完全なるブヨの対面〜b月に吠える〜c船から落ちた男〜dメカニック総出演〜eビーバーを自由に〜fブヨの襲撃

とこんな感じだ。「超大作」とはものすごい名前だが、原題がMagnum Opusだから直訳に近い。他もみんな直訳といえなくもない。深層心理だけはちょっとどうかと思うが。
このアルバムは何といっても名曲「伝承」が有名なのだが、僕は上述の「超大作」が組曲形式でプログレらしく気に入っている。
ま、たまにはアメリカン・プログレもいいのではないだろうか?但しカンサスはソニーなので、日本のiTMSには入りそうもない。

icon
icon
posted by Mark@m7 at 19:51| Comment(1) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

FOCUS 3

このエントリーは、iTunes Music StoreをUKに切り替えてからお読み下さい。
itmsuk.jpg
FOCUSといえばヨーデル風のレイヨロレイヨロが印象的な悪魔の呪文(Hocus Pocus)で有名なオランダのバンドで、日本にもファンが大勢いると思うのですが何故か日本のiTMSには見当たらず。で、米国のiTMSに行っても最新作(?)のFocus8しかない、ということで仕方なくUKへ。さすがヨーロッパ、7枚のアルバムが登録されてました。
初期のベスト版的なLive At the Rainbowもプログレファンはみんな聴いていたというぐらい有名ですが、僕はNHK-FMの「リクエストコーナー」から流れてきたSylviaに衝撃を受けて、そのオリジナルが入っているFOCUS3を聴いたわけです。
このバンドはプログレというか、クロスオーヴァーのハシリのようなインストバンドで、ヤン・アッカーマンのロックとジャズを融合させたようなギタープレイはまさに後のクロスオーヴァー→フュージョンなのですが、キーボードのタイス・ヴァン・レアーが演奏するフルートに代表されるクラシックの香り、そしてバンド名を冠したFocus IIとかFocus IIIといった曲の持つ叙情性がやはりフュージョンとは異なる部分だと思います。
ただいわゆるプログレ、といったバンドの中では唯一無二の個性を持ったバンドであることは確かだと思います。
で、このFOCUS 3を選んだ理由は、前出のSylviaもそうなのですが、何と言っても大作Anonymus Twoがあるからです。オリジナルのLP盤(昔は白いジャケットにFOCUS3と書いてあっただけの記憶があるんだけどな〜)では2枚組のC面からD面にかけた26分を越える大作でありながら、他のプログレバンドの大作にありがちな組曲形式ではなく、テーマ→フルートソロ→キーボードソロ→ベースソロ→ギターソロ→ドラムソロ→テーマと流れるジャズ/フュージョン的な構成をとっているというところが、FOCUSの最大の特徴を最も表している曲だと思うからです。様式美を重んじるプログレファンからは「冗長」と批判されるこの延々と続くアドリブ合戦こそ、僕はFOCUSの特徴なのだと思っています。Anwers? Questions! Questions? Anwers!にしてもEruptionにしてもHocus Pocusにしても、彼らの長めの曲はアドリブの積み重ねであることが多いのです。
早すぎたフュージョン・プログレ・バンドFOCUSはしかし、日本での評価の高さを考えれば早くiTMS Japanに追加してもらいたいものです。
posted by Mark@m7 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(3) | ユーロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。